いっとき避難場所

人間万事塞翁が馬

2018-06-28から1日間の記事一覧

なにが、いつまで、辛いか

もはや、子供ではないわけだが 前代未聞につらいんだけど これはいつまで続くのかな これ死ぬまで続くとかだと結構つらい 自分の病気?状態?を治すことに集中できないとこうなんだろうか 定期的に来るんだけど、だいぶ頻度減ったんだけど 第三者にいろいろ…

バタフライ150

泳げた 平泳ぎだとあまり負担が来なくなってしまって、クロールに切り替えた 先日も今日も、あんまり追い込めないなあと思っているのだけれど、意志はもっと泳ぎたいし、追い込みたい。 身体はそんなに疲れてないはず。 それで、あと25でも泳いで、溺れる寸…

上達の秘訣

例えば 水泳をよくしたいと思った時に ガリガリ泳ぐのがいいのか、 泳ぎ方を考えるのがいいのか、 メンタルを鍛えたらいいのか 全部なんだけど、時間的に限られるので一気には難しい 泳ぎながら考えるのは難しいしね 身体に追い込める力があるけど 追い込め…

解離

全ての解離性障害を知っているわけじゃないけど"大変"な障害だなあと思わんでもない 本人は、自分がどれだけ苦痛なのかを主体性を持って語ることが難しい。 客観的なストーリーになってしまったり、それこそ本当の"他人事" になってしまう 語ることで現実が…

名付け

わたしが三歳になるかならない頃の記憶 弟がまだ母のお腹の中にいて 名前をどうしようかと、わたしと母と父とで話している わたしが、"キャベツがいい!"というので母と父が笑っている。 部屋は蛍光灯の白い光でふんわり光っている 窓の外にはいつもの夜景 …

夕ご飯

こんな時間に目が覚めた ここは住宅街だけど 子供の頃に住んでいたマンションから眺めたキラキラの夜景のなかにわたしはいる。なぜかな。 家族はいるけど、わたしはそこではひとりきりだ。 記憶の中の私はそこにいることが辛くて夜景の向こうに魂を飛ばした…

二十年くらい昔に好きだった人の夢を見た 初めて出会った"同類"だった。 きのう、そのことを考えていて、 所詮それも、現実逃避の一つだったのだなと思い返して納得したところだった ひどいことがあって、わたしは愛情を苦痛の代償にして別れた。