いっとき避難場所

夏の白熊は冷凍庫の中に

あきらめる

さらにあきらめる

人生をあきらめる。

 

いかにくだらない理由だと思えども、一旦捨てたものはもう手元にないものとあきらめる。