いっとき避難場所

日々是好日

ごはんについて

久しぶりにスーパーで心が躍った

もともと、料理が好きなので食料品の買い物は好きだ。地方のスーパーに行くとまず、その土地にしかないものを探しに行くのだがそういうのも好き。

春先は豆類も多く出て、なばなやわさび菜も並んでいて楽しい。

 

今日の夕飯は夫のリクエストでローストビーフにした。

プライムビーフというアメリカ産の牛肉が流行っている。

それまでのアメリカ産の牛肉のイメージとは違って、脂が多い肉だ。

ローリーズなんかもプライムビーフだというので、今日はプライムビーフでローストビーフにしてみたのだが、とにかく、脂がすごい。

見ただけでわたしはだめかも。

 

過去、鎌倉とかで有名なローストビーフのお店に何度か連れて行ってもらったが、わたしはあれも脂が苦手だ。

安い女なのでオージーのモモ肉が一番ローストビーフにあっていると思っていて、赤身で脂身のほとんどない、しまったのを薄く切ってグレービーをかけて食べるのがローストビーフ的には好きだ。

 

肉の安全性だとかなんだとかいうけど、

おそらく出来るだけいろんなものを、

できるだけ少しづつ多種類とるのがいいかなと個人的には思っている。

魚の日と肉の日を交互にして、肉も三種類を出すようにして、一日30品目を出す(ということは、一品目あたりの量は少ない)というふうに考えてずっとやってきたのだが、

鬱がひどかったのでしばらくそれが出来ない日もあった。

生きてるから仕方ない。

 

魚なら水銀だのダイオキシン、鳥も豚も抗生物質が云々いうけど、明らかに悪いものを除いては、全てを避けることはできない。

生活クラブに全部切り替えたとしても、塩分取りすぎとか、決まったものしか食べないとかの問題が絶対に起こりそうなので、あんまり考えない。

味は自分でつけたものが良くて、買ったものは大概すきではないし、通販生協も味的には今ひとつな気がするので、主に調味料ばっかり頼んでしまう。

 

個人的にどうしても避けているのはMSGで、わたしと母はチャイナレストランシンドロームがある。金箍児みたいに頭が痛くなるのだ。

たぶんアレルギーなんじゃないかと思うので、子供には4歳までは徹底的に避けていた。今もできるだけ避けているけど、若干は緩くなってきているかな。それでもたぶん、わたしが痺れてしまうからMSGは避けている。

いわゆるだしの素は、子供が生まれてから一度も使っていない。

 

食べ物に関しては、まあ、ピーナッツだけは食べないとかいろんな意見がある(祖父)かもしれないけど、

体に悪いものを一つも食べなかったとしても死なない人はいない。

要は死に方の問題なんだとは思うけど。

 

色々試して思ったのは、

野菜を動物の肉の二倍以上は取ると、体調がいい(排泄とか)。

あと、ヨーグルトを含めて発酵食品をたくさん食べるのもおなかの調子がよくなるみたい。

光岡知足さんの本を読んで、ヨーグルトをよく食べるようになったのだが、一時期食べ過ぎて一家全員飽きてしまって今はあんまり食べてない。

あと、昼ごはんには炭水化物をあんまり食べないほうがいい(眠くなるから)。

くらいかな。

今わたしほとんど、1日2食だ。