いっとき避難場所

夏の白熊は冷凍庫の中に

まともに受け取らない

専門職のいうことはそれなりに理由があって、概ねあっていることが多いと思う。

自分の人生では、自分の専門以外では、専門職になるほどの知識を身につけていないし、他のことにその時間を使っていて自分はその、他のことの専門だからだ。

ゆえに、割と信頼している。

 

なのだが、

失敗する自由もあるし、

信頼できないのに悩みながら従うくらいなら、失敗しつつやってもいいかもしれない。

もしかしたら、失うものが多いのは仕方ない。

 

信頼できるからこそ、専門職だと思う。