いっとき避難場所

日々是好日

余生

仕事を辞めてよりの私の人生は、余生のようなものである。

あとは時間を潰すだけ。

 

最初に、パワハラで仕事を辞めるかどうか悩んだときに、辞表を出す前に一回、自分が疲れていると思って判断を保留して心療内科にかかった。自分がうつ状態だから正しい判断ができないだろうと思ったのだ。

でも、その時は、仕事をやめたら何かしらやろうと思っていたこともあった。

でも、今はもう何もない。

 

疲れ果ててるからそう思うのかな。

また、元気が出てきたら違うかもしれない。

 

なんにしろ、持ちこたえて生きているくらいしかできない。