いっとき避難場所

夏の白熊は冷凍庫の中に

くるしい

何も先にある気がしない

明日は砂の城のように脆くも崩れることが今日の時点から分かりきっている

 

希望がない

 

うつ

というより、現実的に活路が見いだせないところから、

自分が力不足だと落ち込み

うつになっているのか、結局。

 

もつかな。

 

もつかどうか、ではなくて、

必死に悩んだかとか必死に1日生きたかという問題であってそれ以外大したことじゃない