いっとき避難場所

日々是好日

育ちと幸不幸

その時はよくわからないけど、言われた通りにやってみるうちに、だんだんわかってくることがある。

一方、言われた通りにやってみるけれど、違和感が拭えなくてどんどんかしいでいくこともある。

脅しのような助言を言われる時もそういう風になる。

 

 

自分で子供を育てていて思うのだが

日々、夜眠る時に楽しかったー!っていう充実感のようなものを繰り返す生活を送ってきたひともいるのだと思う。

でも明日は何かしなければとか、朝が来るのが苦痛である生活を子供の頃から送ってきた人もいる。

  生まれ育った環境が、ホッとできない環境だったり、毎日ヒヤヒヤしながら過ごして、生活の中に楽しさも何も無いような家庭である場合もある。

  でも、世界には、そういうのではなくて、毎日が安定して楽しくて、満足して、疲れて一日を終えて眠る子供たちもいるのだ。

 

 

  世界には何億人もの人がいて、同じ社会で同じように、歯車として存在しているけれど、

その一人一人の幸福と不幸は、幼少期からして全く違うのだと思う。