いっとき避難場所

人間万事塞翁が馬

返報性

子供が今ひとつ、やってもらう、やってあげる、がまんする、を理解してないなあと考えてみると、

わたしも、実はあんまりうまくはないなあと思うのである。

わたしの場合は我慢してばっかりで他人に要求したりしない(少しは誘え、と言われたことはあるけど)から、誘われなければ関係があんまりできない。

形式的なものは理解してるから、ブリーフな関係の方が楽。

わたしもペースが人と違うらしくて他人を誘えないのだ。一人遊びの方が楽。

ごくたまに楽な人がいる。そういう人とはいい感じで居られるけど、基本的には疲れてしまう。

自分の親との関係は、形式的なやり方で強制される限りは落ち着いた。対等ではなくて指示強制されることで自分の感情をすてて従うのが、日常的には楽だった。

わたしの気持ちをわかってもらうことは無理だと諦めているが、相手はわたしに一晩中話をする。

 なんとなく、母のカウンセラーみたいな感じで、とはいえ奴隷にはなりきれないので結局家出したり昼夜逆転したりした。

 

母といるといつも、ここではないどこかに心が飛んだ。

小さい頃から、食卓でも、どこでも"わたしはここには居ない"ような感じがしていた。

とにかく極端にうちの母は感情移入のできない人で、形式的な付き合いはうまいけど子育てとか、物質的な育て方だったと思う。

 でも、それはわたしができないのか母ができないのかよくわからない。

わたしは血も涙もない女だと母に言われたから、もしかしたら母の方がわたしが優しさのない人間だと思っていたのかもしれないなと思う。

 

子供が幼稚園で暴れるとき、担任の先生が、この子は友達と遊びたいって言うけど無視されて暴れる、どうしようもないから、大人がハグして羽交い締めにするような形になっちゃうけどそうすると落ち着く。わかってもらえたって思うと落ち着く。

 

って言うんだけど、どうなんだろう、先生は子供のニーズを理解してないなあとわたしは思った。

先生たちはかなり試行錯誤されていて、たしかに頑張ってくれているとは思うけど、ラポールが取れてない(子供はそういうふうにいうのかわかんないが)んだろうなとぼんやり思った。

 

わたしはたぶん、やりたい事がどうしてもやりたくて、友達に強く要求しすぎて上手に遊べないのが、しつこいから嫌々妥協されるが、結局は嫌われて無視されて傷つく事を繰り返していてああなっているんじゃないかなと思う。わかんないけど。

息子は友達が好きで、好きになってもらいたいけど、嫌われて、パニックになっているところを大人が強制的に抑えている。遊びは保障されているが誰も通訳をしないから、ああいう感じなんだろうなと思う。

 

自分のなにが原因なのか理解できてないから、強制されて初めて諦めることができて落ち着くんだろうと思う。

 

 ちなみに、友達がどう思っているのか全く気づいてなければそもそも傷つかないし、遊びに行こうとはしないと思う。

 先生が制限に入る事を極力抑える園なので、息子は二年間苦しかっただろうなと思う。

 

 わたしは解決策として、"距離を取る"以外に思いつかない。適度な距離を取る。

 物事に対する集中度合いとか、そういうものは人により全然違って、多くの人が50で諦めるところでこのタイプは99まで諦めない。

 

しつこいのは悪い事じゃないけど、

"人の気持ちを考えて" 行動しましょう、なのだ。

人の気持ちを考える。

 

…ところで人の気持ちがわかればうまく行動できるのか?。

それはまた別問題で、へんな話人の気持ちなんてわかんなくてもうまく行動することはできるんだとわたしは思う。

しかも、おそらくはそっちの方がおよそ一般的な社会的な場面では大事なんじゃないかと思う。

個人的に思うには、

ルールを守り礼節倫理を尊重することでトラブルの8割は避けられるような気がする。

残りの2割は、放課後の校庭とか、砂場遊びとか、そういうところで学ばなければいけないことで、お金を稼ぐとかそういうことではないプライベートが属する問題かなと思う。

不得意なら、せめてトラブルにならない方法を身につける。

控えめに、機会を待つ。

 

…かなぁ

わかんないや。