いっとき避難場所

日々是好日

風邪の効用

久しぶりに風邪をひいた

冬ごろはインフルエンザすら逃げていくような状態だったかしらん

 

鼻の頭から目にかけて重たくてまったく食欲がわかない

咳が止まんない

つらい

 

首すじからこめかみにかけてこわばってるし背中は痛いし

 

風邪をひいているなあと思う

 

経過させる  か。

悪くはないか

 

腰がいたい

生きる気力みたいなのがぼんやりと戻ってきたような気がすると、

わたしはまるで自分が食卓の上のアジの干物みたいな気がする

ほんとにどうしようもない

 

気を取り直して

はてなにが食べたいだろうかと考える

地獄ラーメンみたいなの食べたい

高円寺かどっかで火をふくようなラーメンがあったような気がしたけど思い出せない

こんな時間から東京に出るのもいやだし地獄ラーメンを食べに横浜に出るのもめんどくさいし

布団でぼーっとしている

 

 

南無阿弥陀

とかとなえてみる

背中から力強く押されるように心強い気がする

 

しばらく古文読んでなくて鴨長明を読んでたのだが

厭世的なところがあんまり好きになれなくて

 

親鸞を読もうかな