いっとき避難場所

日々是好日

書くことの効用

色々書いていると

そもそもこんなこと書くこと自体が如何なものかと思う時もあるけど、

書いても何も失わないと思う程度に損傷しているらしくもある

しかし、おそらく現実は違う  

違うのだが、

その損失を把握できない程度には社会性も、自己イメージも損壊している気がする

 

わたしとは何か?

が毀損していて、文書にするとかして一ヶ月くらいして読み返すと、なんとなく自分が何者なのかイメージが湧いてはくる気がする

だれか人と話すとかするといいのかなと思うけど、まだあんまりそういう元気もない

 

とはいえ 多少暇である

でも、あんまり生産的なことができてもいない

 

多動の子供がトランポリンとかブランコでひたすら遊ぶみたいに

痒いところをかくみたいに

わたしは文章を書いてみたりするのだが

 

最近古い友達が

ちょいちょいと連絡をくれたりする

そんな時期かな。