いっとき避難場所

日々是好日

つかれた

何が忙しいというわけでもないし

ただ、子供が熱出したり色々あるんだけど、ひたすら疲れる。

 

ただ、そのうちまた働くのかなあという気はする

辞めた会社の友達から連絡をもらったりして、もう同じ会社では働かないだろうけれど、

社会人としては終了しているわけでもないのかなあ… でもわかんないな もう戻れないとか色々あるかもしれない

こんな年で失業したし…

 

解離は中途半端に治っていて、易怒性も甚だしい

カウンセリング依存というか嗜癖は収まって日常に紛れてきたけど、

社会性とか、活動性とか、そういうものがあんまり復活しない。

わたしはたぶんいま小学校4年生になっている。

それが快適なのだ。

 

フラッシュバックは治ってきたけど、自分で全部鬱から回復できるようにコントロールしているから、見通しが立たない。

大丈夫、と根拠なくおもうのだが、なぜか。

 

…娘が3歳からイマジナリーコンパニオンがあることを考えると、解離とか多少の同一性の障害は自体は大した問題ではないのだろうなとおもう。たぶん性質なんだろう。

 

ほんとに、生活歴を話すとか、必要ない治療だったんじゃなかろうか

いつでもわかってほしいと思っているし気づいて欲しいと思っている

無関心とか気まぐれに扱われても自分のために何かしてくれたのかも知れないから、相手のためになることをすべきだったと心のどこかで思っている

 

死ねと思う気持ちもあって、それと同時に依存は薄れてきてる気がするが、

結局並行していて日々どっちにもゆりもどすというか、振れる。

 

 

治療しきれないなら余計なことするんじゃねえよ