いっとき避難場所

夏の白熊は冷凍庫の中に

後遺症

一年くらい前、会社に復帰してパワハラにあった頃、あまりの怒りからかよくわからないけど、いろんな意味で精神的にギリギリだったせいか手の振戦がでた。

病院でもそれは言ったけど特に何も言われなくて、言っても仕方ないし様子を見ていた。

 数ヶ月休んで、去年の10月ごろはほとんどなくなったんだけど、通院先バイトを辞めて数ヶ月すぎた頃から軽く復活して、憂鬱だった。

…これがストレスと関連しているという証拠もないし、身体疾患が何かあるのかなあとか悩んだりもする。

あと、身体がものすごいだるくて疲れる。

身体的に爽快な1日というのはほとんどない。

鬱じゃない感じになるといろんな用事で動くから、尚更そう感じるのかもしれないな。

 

睡眠だけは何があってもできるだけとっていて、たまに短期的…1週間くらいスパンでは、毎日変な夢を見て眠れないとか早朝に起きるとかもあるけど、ほとんど子供と一緒に寝てしまうし、どちらかというと疲れると過眠ぎみだ。

 

ストレスに伴う身体の不調というのはほんと馬鹿になんないなと思う。

 

腰から下がまだ重くて、骨盤の動きが良くない気がする。まるで鈍牛みたい。

たまに右手が痺れる。座っている時間がまだ長いからかもしれないけど。おしりに座りあざみたいなのができたくらい。

 

今更急に思うのも変だけど、

疲れた。休みたい。

景色の綺麗なところで、快適なスプリングベッドで包み込まれるみたいにぼうっとして寝て、三食勝手にでてくるようなところで何もしないでいたい。

プールでちょっとだけ泳ぎたい。 

休みたい。

 

ほんとにたいへん。