いっとき避難場所

日々是好日

犬のgpt

犬の肝臓の数値が良くないと言われてしばらくお薬を飲まないといけないらしい。

 

そんな変なもん食べたかなあ…

ペットシーツをたまに食べてるけどそのまま出てきているような…

 

餌かえるかなあ…

今まで上げていた餌、わたし仕事辞めてからコストコのに変えてたが

しかし、そんなにぼんと跳ね上がるかな。

 

犬は犬なりに色々あるんだな。

この一年半くらいの間、

わたしお世辞にも子供も含めて最低限のことしかできてなかったし、

ほとんど寝込んでるも同然だった。

 

みんな無理してたのかな。

 

わたしはこの一年半くらいろくに食べてないし一年間健康診断も受けてないし

かかってた病院は心療内科だから喉見るとか脈とるとか当然ないし

何あってもわかんないしなあ

 

そういえば、かかり始めの頃

左目にものもらいできて、心療内科って一般的なものは置いてあるって聞いたけどあります?って受付で話してたら

事務の人がアレグラならありますよっていうからびっくりしたことがあった

それはいらない

 

先生に聞いてください っていって一応クラビットもらったけど

事務の人が先生をどう扱ってたのかほのみえて

わたしはちょっと嫌だったのだ

 

ちょっと元気になってきたときに

躁鬱かもっていわれてエビリファイ出されたときも、

"薬出ちゃいましたか"

 

とか言われたし。

これは先生にどうしても飲まなきゃいけないのかときいたら、飲まなくてもいいというから

結局飲まなかったし、翌週は落ち込んでいた

どっちにしろ 処方に異議はなかった

怖いということを除いては。

怖くて飲めないというのは、それ自体が問題だから仕方ないと考えた。

それは先生に直接いうべき話だし飲めないなら飲めないで、なにがよいのか考えてもらうことなんじゃないかと思ったから。

最低限通院は指示通りのペースでできる限りはしたけど。

廃棄した理由は単にそれだけ。

当然ちゃんと報告したし、

薬は何も言われずその後処方なしだった。

 

人間としてどんなに信用できなくても

お医者さんはやっぱり他の専門職とは桁違いのトレーニングを受けてる人たちだと思う

時がある

いまでも多分そう

一時的に、子供の小児科の先生すら信用できなくなった時があったけど、

色々考えればそんなことはない

ひとりで子育てはできない

いくつか間違うこととかあっても、そんなのは長期的に信頼してるということに比べれば大した問題ではない

いずれ医療にかからないということはないし、

いずれにせよ人は死ぬわけだ

信頼してる先生にかかる方がいいに決まっている。

そういうのを依存というのかわかんないけど。

 

ま、すごい昔に思ったことだけど、

所詮人は死ぬ できることだって少ない

それなら職業上の全てにおいて誠意のあるワーカーであろうと思ったけど

その逆かな

 

 

変人かどうかとかどうでもいいのだ

プロセシングの問題なんだけど

 

ただ、精神科… って、

変人は悪くないとしても

…薬 わたしはワーカーなので良くわかんないけど

レセチェックして、ヒアリングする仕事もしてたから

わりとスマートに見えた

精神科は変なとこにかかると処方薬依存で普通に死ぬ。

…のはいくつもみてたから薬が怖いのは多少はあったかもしれない。

ただ、なんで精神療法するのかなとは思った

趣味?

わたしにはわかんないし

わたしは怖い以外は何も感じなかったけど

 

いずれにせよ、医療に100パーセントなんて求めてはいない

いくら最高に専門性の高いひとだといえ、

所詮、人が人をなんとかしようとする部分を責めるとかありえない。

 

所詮は自分の人生だ。

わたしが一人鬱で仮に死んだとしても

お医者さん一人生きてる方が、世の中的にはある意味有意義なんじゃないかと思う

 

なんつって。