いっとき避難場所

日々是好日

菌とか家事とか

たのしいことを思い出す

 

世の中の家事のなかでどれが一番好きかといえば、

縫い物、次が炊事、掃除、洗濯だと思う。

もともと家のこと…家事が好きなので、家から出るなと言われればたぶんずっと何か作ってるし、発酵食品が好きなので、そんなのをやってると思う。

…わたしは人よりも菌の方が好きなんじゃないかとたまに思う。

不登校で引きこもっていた中学生の頃は蘭科植物が大好きで東洋らんを集めようとしたけど、なかなか栽培がうまくできなかった。

部屋の中をジャングルにするのが夢だったけど、当然できなかった。

 

結婚してからは夜遊びをすることもほとんどなくなり、仕事に熱中する以外は、家では専ら、洋裁をしたり、発酵食品や保存食品を作ることに熱中していた。

子供が産まれてからも暫くやってはいたが、上の子が動いてものすごく大変だったので、味噌を作るのと子供服を作るので精一杯になり、仕事以外は何もできなくなった。

 

子供がまだ赤ちゃんだった頃までは、麹蓋を作って温度調節する装置を作って麹を何種類も作ったり、味噌だけではなくてみりんとか醤油とか、そのほかにも麹菌と乳酸菌と酵母でできることは可能な限り試した。

トライアルアンドエラーが非常に楽しい。

温泉旅行に行く時には発酵中の麹を抱いて旅館に行ったくらい菌に熱中していた。

柿酢を作って、妊娠していて怖くて飲めなかったのが心残りだけど、家の柿もだいぶ実が増えてきたのでそのうちまた作れると思う。

たまたま、もやしもん、の漫画が流行っていた時はいろんな人に面白がられたけど、

基本的に菌の話になると変人扱いされるのでなかなかできず、でも、味噌はありがたがられるので、年上の女性には好評でなかなか良かったと思う。

 

炊事も洗濯も掃除も、どれも家族のために最低限はやらないといけないけど、楽しいというレベルになるとまた別になるから、

メンタルが弱っていると最低限しかできなくて、逆に、すきな順に復活する。

 

一番エネルギーがなくてもできるのが計算とか読書とかで、次が洋裁で、料理は鼻が復活しないと大変である。

 

ここのところ部屋がきれいでないのにイライラしてきたので掃除をしている。

子供がいるので片端からひっくり返されるけど、だいぶ片付いてきた気がする。

まだ、友達を呼べる部屋ではないのだけれど…。