いっとき避難場所

人間万事塞翁が馬

離人症

起こっている問題の多くは、多分自信がなくて怯えていることの裏返しである

 

自分はaddだとか言うけど、

わたしは相当まえから慢性的にうつ状態だったし、パニック障害も放置してきたし、長い間離人症だったりした。

 

注意欠陥がある

といえばあるんだけど、ぼうっとしているのがadd のせいなのか、鬱のせいなのか、解離性障害のせいなのか、どちらのせいなのか、全部のせいなのか自分でもわからない。

ずっとそれが不可解だった。

自分が昔からずっとそうであるなら納得できるけど、そうじゃないからだ。

調子の良し悪しや周りの人、環境とかで、パフォーマンスとか振る舞いとか性格傾向みたいなのが変わってしまう。

 

能率の良し悪しの波があって、調子が良い時はなんでもできるけど調子が良くない時は、極端に不得意が出る。

 

それこそこないだのセンター試験の数学の97点→鬱になって30点 みたいに、極端に物事ができなくなる。

…最初は、思春期の頃に、母から怒鳴られた後に、はじめて離人症になったときの、文字が読めない、人の言ってることにとんちんかんな答えを返す、チェスが読めない、の時だと思う。

 

もし他の病気なのでなければ、ガンザー症候群? って書いてあるのがわりと腑に落ちるかも。

 

好きだった哲学も読めなくなって、数学も頭に入ってこなくなった。

家族のみんながわたしのことをバカみたいって笑った。

それまでわたしは、強くて理屈っぽいから怖いと親に言われてたけどそれがなくなった。

 

でも、わたしはずっとそれより前の自分に戻りたかった。

だけど、戻ったらまた母に嫌がられたり怒られたりするんじゃないかと思うとこわくて

それもできなかった。

 

わたしは小学校四年生のわたしに戻りたいのである。

できるならそこから生き直したい。