いっとき避難場所

人間万事塞翁が馬

バタフライ

1週間ぶりにプール。

 

週三回自重筋トレ+1-2回プールに行くことにした。ジムはやめた。

子供がもしかしたら空手をやるかもと言っていたのだが、そしたらわたしも一緒にやろうかなと思う。

 

今日はほとんどバタフライの練習をしていた。

何メートル泳いだか記憶にない。

ビート板のバタフライキックで500くらい泳いだ気はする。足がつったり、途中で動けなくなったのだけど、水泳とピアノは動けなくなってからが勝負な気がするので、ひたすら泳ぎ続けたら、バタフライキックについては、普通に200でも休まず行けるようになった。

 

バタフライは、今日は最初25メートル泳げなくて、疲れて途中の島で立ち止まってしまって、どうしたら完泳できるか考えていた。

…そしたら、監視員に完泳できない人は歩行者プールに行くようにと怒られてしまった。

たしかに途中で立ち止まって考え込むのは迷惑だな。溺れかけてた上にどうしたら泳げるか考えていたので、ルールのことが頭から抜けてしまっていた。

でも、歩行者プールではたぶん困る。

 

"バタフライが25メートル泳げないので、練習がしたかった。立ち止まったのは申し訳なかった"

と、いったら、監視員が困った顔をして考えていて、

"うーん、しかたない、出来るだけ立ち止まらないでください"

"はい、プールの端で考えるようにします。すいません。"

 

もう一回泳いで、今度は1回目25メートル完泳。でも溺れそうだった…。

泳げて喜んでいたのに、向こう岸で待ち構えていた監視員にもう少し端っこ泳いでくださいとか言われてしまったけどしかたない。

溺れかけてるから真ん中も端っこもないのである。

…そもそも、やりたいことがあるから、人に迷惑をかけたり、ルールを破ったりしてしまうので、反省するとしたら、どうしたら、自分の希望と状況の許すところが折り合いをつけられるか、だ。

うるせえ監視員だな、というやり方をしたいのではなくて、監視員は監視員でそう思ったんであって、わたしはわたしのやりたいことと折り合いを付ければ良いのだ。

あまりひどいとこないでくださいになるかもしれないけど、

具体的な注意はその都度反省して守っているからそこまでにはならないと判断。

 

七面倒なこと考えるなあと思うけど、

わたしは大人として全部やり直しで良いと思っている。

…これもトレーニングだ。

こんな些細なことにも動揺するくらいメンタルが弱い状態であって

これを放置して次に行けばまたこけるんだろう、きっと。

後でゆっくり考えよう。

何に傷ついたのか、なんで嫌な感じがしたのか、きちんと言語化するのだ。お迎えが終わってからね…。

 

まあとりあえず25メートルおぼれつつ泳げた。

 

それから、部分練習をすることにして、

ゆっくりキックの練習、息継ぎの練習、腕を回す練習を繰り返した。

腕を回す練習が結構きつくて、25メートルやると溺れそう。

これもゆっくり、昔習ったフォームを思い出して、25×4くらいづつ繰り返す。

ビート板を使って右左に分解するも、片手だけでも25メートルで今ひとつ上がらなくなっているので、さらに片手づつ練習する。

プールのレーンロープに捕まらないと立てないくらい途中で何度か疲れてるんだけど、3分くらい休んで復活しては、ビート板の練習からやり直した。

 

合間合間にゆっくりバタフライで泳いでみる。

息継ぎの時の恐怖感が薄れて、ゆっくり泳げるようになった。

でもまだ25メートルきつい。

 

きついけど、25×4 は、バタフライで泳げた。

次回、腕の筋肉がどうつくか、だな。

また怒られるかな。

 

でもわたしはバタフライが余裕で泳げるようになりたいのだ。

わたしの目標はそれ。途中で立ち止まることはもうなさそうだし、レーンの端もまあまあ泳げそうだ。次回は怒られないで済むと思う。

バタフライはそもそも手を大きく開くので、1コースしか開放されていない市民プールだと練習するのが大変ではある。

 

…で、両足がつってきたので、今日はもう限界かなと判断して、おしまい。

 

今日は腕の回し方とかばかり気にしてたので、

何メートル泳いだかわからないけど、

カッカしてて大変だったからそれなりに泳いだんだと思う。

 

途中でbcaaをとって、終わってプロテイン飲んだ。

 

頑張った。いろいろ工夫してみた。

立ち止まって、後ろの人に迷惑をかけたのと、ルール上問題があったのはすみませんでした。

 さてはて、いろんな意味でそのくらいの負荷のあることは、悪くないと思う。

 

わたしはバタフライが25メートル、余裕で泳げるようになりたいのです。

 

それにしても

今日も足がよろよろ。