いっとき避難場所

夏の白熊は冷凍庫の中に

部屋の掃除と心の掃除

部屋が散らかっていることと、ストレスがたまっていることは似ている。

 

小さい嫌なことが沢山ある

それをどうやって排除していこうかということだ。

 

ほんとうは汚い部屋がすごく嫌なのに、それを感じることができなくてそこで暮らしてしまう。

葛藤を感じることができなくて、止まってしまうと、部屋がどんどん汚くなる。

ストレスもいや増す。

 

わたしは別にすごい掃除好きなわけじゃないけど、やっぱり整っている空間は好きだなあと思う。

 

全部同じだ。

小さいことをおろそかにしない。

細かいつまづきを無視しない。