いっとき避難場所

人間万事塞翁が馬

将来

だいじなことは、やりたいことがやれる自分になることだ。

なりたい自分になるというのはだいじだけど、歪んだ心で思うなりたい自分というのは果たして良いものなのだろうか?。

 

 

わたしは、友達といろんなことを分かち合えて、好奇心を満たせる状況でいろんなことができて、

社会的に有意義な行動ができて、

欲しいものを得て、家族をだいじにして、過ごしやすい環境でたのしくいきたいなあと、思う。

 

でも、現時点ではなんだかバラバラだ。

鬱が海底にわたしを引きずりこむし、意欲と気分と自信のなさがリンクしないから、バラバラにしか行動できてないなあと思う。

 

病気というか病んでるからそんなに簡単にはいかないだろうと思うんだけど。

 

 

ADDとか離人症とか、なんだか本当にいろいろ言われたけど、

とりあえずこの鬱ぽい状況が治って、自分は情緒的(気分的)にそんなにひどくはないと思えるくらいでないと、

一体自分が何なのか、本質的に何が困っているのか、自分でも全く見えないのだ。

 

ものの本とかいろいろ読んでいると、

パワフルに医者を巻き込んでる状況からし解離性同一性障害っぽいんだけど、

仮にそうだとしても、そんなのわたしが、より適応しようとする考え方からすれば、少しは参考になるけどあんまり、参考にはならない。

DES尺度というのがあるらしくてネットに転がっているんだけど、それをしてみると49.28と出るんだよな。

正確には病院に行ってはかってはじめて治療的に意味があるんだとは思うけど。

 

先生は大変だったかもしれないけど。

わたしにとってはわたしをよく知るためのきっかけにはなったかもしれないけど、それでまったく治ってはいない。

ただ、同じことを繰り返しても仕方ないし、仮に病院にかかるとしたら、ちゃんとみてもらえるかどうかを確認してからじゃないと無理だろうなと思う。

 

わたしは、一人で掘り下げなければいけないんだろうな。

 

 

早くおわんないかな。