いっとき避難場所

日々是好日

働く人々

仕事を辞めて一年が経った。

いったいいつになったら私は働けるようになるんだろうか。

 

復習。

 

最初に心療内科の病院にかかったのがその前の年の11月だったがその時はまだ、友達と遊びに行ったりすることができた。会社の人とも普通に会えた。

それが、カウンセリングの進行とともにどんどん動けなくなって、会社の復帰もできなかった。

 

会社を辞職しても当面動けないまま半年が過ぎて、それでも鬱病と言うほどではなかったから、勉強をしたりママ友とあったりして過ごしていた。

11月に旧知の友達と会って、アルバイトだかボランティアだかをちょっとやってみようかなと思って、通院やめようと思ったところで、

医者が受付の事務の短期のアルバイトをしたらどうかと言う話をして、一回断ったけど結局受けた。

それで、電話番をしたのだが、一緒に働いている人たちには、患者がバイトするのはおかしいとか、まともではないと言われ、カウンセラーには倫理違反でカウンセリングは今後行えないが、自分から医師には言えないので私から断ってくれと言われた。転院の際も診療情報提供書は医師からとらないでくれと言われた。

 

だいぶ嫌になって疲れていたけど、シフトが入ってる二ヶ月間だけはやろうと思ってなんとなく行っていたのだが、

ある日日程の確認のために医師のところに行ったら、わたしが知ってるシフトは変更済みのもので、わたしは最新のものを知らなかったと言うことがわかった。わたしのシフトは来週までだったよ、と。

新しいのはメールで送ってある。事務同士でスケジュールはやり取りするはずだ。

他の人に聞けば良いのに知らないのは自分の責任じゃない。

 

それで、スカッと解離してその日はぼんやりと給湯室の掃除をしていた。

 

帰ってから、自分がボロボロになっていることに気がついた。

それと同時に切り替わっていたらしくて、激怒。

 

翌日、

事務の人にスケジュールの件をきいたら先生がまだきてもいいと行ったらまだ来るつもりなのかと言われて、死ねと思って睨みつけたら、黙った。

カウンセラーに、蹴り飛ばしたいくらい怒っていると言ったら、ランチのネタだから蹴り飛ばしてと笑われた。

 

わたしは完全に切り替わっており、医師に怒り心頭で、明日でやめると言う話をしたところ、勝手に辞めるのかとか、偉そうにとかさんざん言われて口論の末、怒鳴り合いの喧嘩になった。

診察室から出たらだれもいなかった。

 

その日の夜に電話がかかってきて明日はくるのかというから、明日までは行くと言っていったのだが、

もはやわたしはそれまでのニコニコしていたわたしではまったくなかった。

朝行って振込口座を教えて、そのままほぼ口も聞かずに午前はいたが、

怒りのあまりアウレリウスを手放せずにずっと読んでいたところ、医者が今日は暇なので午前で帰って良いと隣の事務さんにメッセンジャーでいったのでそのまま帰った。

 

それから、しばらく低空飛行が続いて、気がついたら鬱病(未診断。こわくて病院に行けなかった)になった。それが半年前。

 

風呂もご飯も子供の世話も一時期ほとんどできなかった。子供を9時前に寝かせる事すらできなくなって、何をやっていたのかまったく記憶がない。

 

少しづつ回復してるのかな。

 

最近は筋トレして水泳して、洋裁もたまにはして、ご飯を作って9時前には寝かせている。

元気な時には8時だったからそれでもだいぶ遅いけど。

朝も起きられる日が増えてきた。

部屋の掃除もそこそこできてきた気がする。

 

それでもまだ、たまにずどんと落ち込む。

 

 

いつになったら働けるのかな。ずっと働けないのかな。