いっとき避難場所

日々是好日

つらつらと思うに

心療内科とか精神科とか、Googleの口コミを見ていたのだが、

一体精神疾患を治すとはどういうことなんだろうなと思う。

 

統合失調症の薬をだすとか、てんかんの薬をだすとかならなんとなく想像がつくけど。

 

神経症にカウンセリングは有効とかいろいろ考え方はあるのだろうけれど、

精神疾患というのは非常に漠然としているなあと思う。

 

だいたい、社会でダメージを食らって元気が無くなって病院にやってきて、元気に戦えるようにしてくださいと言われても、たぶん、本人の戦闘能力自体をあげないといけないんだろうし、それはいったい病院で行うことなのだろうか?。

コーチングとか、宗教とか、修行とか、スポーツとか、そういった事柄のほうがよっぽどきくのではなかろうか。

 

って言ったらきっと、治った人とか治した人とかもいるというはなしになるのだろうけれど、

 

うつ病の状態というのはカウンセリングどころではない。

少し治ってきて初めてカウンセリングがどうこうということになるのだろうけれど。