いっとき避難場所

日々是好日

仕事的な洋裁的な

頼まれたワンピースを作った。

なんだか仕事をした気がした。

自分のために作るときには、ポケットくらい端折っても全然いいし、多少見返しのあたりがよれてても全然気にしない(どうせ洗濯すれば少しづつ縮むしとか)のだけれど、

人にあげるとなると緊張して、十年ぶりくらいにシームポケットを作ってしまったり、アイロンとかしつけ糸を多用してみたりした。

それでもやっぱり、素人の域を出るもんではないなと出来上がったところで思ったけど、

緊張して作業するというのは仕事を辞めてからほとんどなかったから、この機会をもらったこと自体がありがたいことだなあと思った。

 

綿麻で透けるので、スリップをつけてみたけど、もってたバイアスステープメーカーが太すぎて、スリップには向かない気がしたので結局、市販のものを買ってしまった。色が少し違うのだが裏だし、仕方ないかな。

と、いうわけで、なぜか、スリップは、仕事が粗くなった…。

 

気に入ってもらえるといいな。

 

あした、試着してもらって丈だけ決めてもらって、あとは千鳥でくけるかなあと思う。

裾幅が2メートル近くあるので、自分のはミシンでやってしまったんだけど

やっぱり本来的には千鳥であげたい。