いっとき避難場所

日々是好日

どのようにしたら良くなれるのか

しかし、よくなると決めたものは良くなるのである。

わたしは良くなるって決めたからにはなんとしてでも。

 

医療機関には頼らないって決めたのである。

たまたま出会いがあれば否定するものではないけれど、わたしからは探さない。

 

 

それなら、わたしなりに良い方法を探さなくちゃいけないし、なぜかというと、家族のためにも良くなった方がいいとおもうからだ。

 

病院のことは相当過去になった

つまり

病院だったけど助けてもらうことはできず悪化しただけ

ひとのすることだし仕方ない

わたしを助けてくれなかった人ではなくて、わたしの病気を治療できなかったというだけのことなんだとおもう。

治療としては良くならなかったし、あんまり助けにならなかったけど

 

でも、治療の間にたくさんのことを考えたことと、

治療の辿った経過それ自体は、なにものかの極端なカリカチュアなのだということ

そこから学ぶことができた

 

あともう嫌だ、よくなりたいと思っていること…

そのように思えたこと自体が素晴らしいと思う。

あと動けなくなったときに家族が助けてくれたことに気づいたこと

 

人になおしてもらえるならありがたいけれど、

他人に期待してはいけない

自分で。あくまで自分で良くなる。

 

でもまだぐらつく

ちゃんとはよくなっていない。

 

 

辛抱が必要だ