いっとき避難場所

日々是好日

風呂場のドアをなおす

子供が喧嘩して風呂場のドアを壊した

それでもなお暴れて泣いているので、私が言って聞かせようと思って風呂場に突入したところ、

アクリル板の風呂場の折り戸を踏み抜いて穴を開けてしまった。

 

子供はあっけにとられ

その後わたしのケアを始めた。すなわちご飯の用意をしたり水を汲んでくれたりしたが、

わたしは自分がアクリル板を踏み抜いてしまったのでショックでおとなしくなっていた。

 

INAXに電話をして修理を検討して欲しいと言ったが、見積もりもなかなか上がってこないし、ネットで調べると2万くらいかかるらしい。

 

 

さて。

自分でも直せるかもしれない。

やってみようかな。

 

というわけで

 

 

…ホームセンターに子供といって、アクリル板を買った。アクリルカッターで踏み抜いたアクリル板の大きさに板をカットし、

買って帰ってきてから、ドアを外し、部品を分解してアクリル板をはめ込み直した。

 

 

…直った。 元のアクリル板は両面すりガラスだったが新しいものは片面のみすりガラスなので少し見劣りがするが、それでも機能的には遜色はない。

 

 

鬱であった時もそうでない時も、

ここまで頑張ったことはあまりなかったと思う

し夫も助けてはくれたが、基本的に進行したのは自分である。

 

 

意外と多くものが自力でなおるのである。

 

 

わたしについて、

治すとか治るとか、見通しを誰かがくれて、信じれば治るというようであればなあと思う

実際わたしがバイトし始めた時は半信半疑ながらそうであったかとは思うけれど

 

そうでなくても、

色々試してみれば良いということかもしれない。