いっとき避難場所

日々是好日

鬱…

しぶとく

なかなか鬱だなと思う

 

大概なにか乗り越えなければいけない時期になるのかな…

 

半年くらい前までは

頻繁に鬱であって

その後よく夢を見て

そうして少しづつ安定した。

 

 

今日思ったのだ

 

どんな理由があろうとも、あんなひどい会社の辞め方をしたりしたら社会に顔向けなんてできない。

どんな治療であろうとも、動けない状態にまでなってしまったことの責任は自分で取るしかない。

 

それが、なにが良くなかったとか、病院のせいだとか会社のせいだとかいって一体なにが好転する。

 

ここからなにかをしないといけないのだ。

 

新聞配達でもシールはりでもなんでも良くて

働けばお金がもらえるのであれば

できることをやるしかないのだ。

 

会社や社会に関しては、あんな子供じみた振る舞いをして、引っ掻き回して申し訳ないと思っていて

どんな仕事であろうが時給が十分の一になろうが、それは自分の行動の報いである。

 

誰が助けてくれるものでなし

助けてくれるわけがないのである。

 

極端な話、犯罪にあったり天災や事故にあったりして、人生がめちゃくちゃになったとして、

誰が元どおりにすくい上げてくれるわけでもないのである。

 

 

と、腹の括りの見通しができたわけだが

しかし

鬱は少し残る