いっとき避難場所

日々是好日

仕事云々

失ったものより

より条件良く、社会的に白い目で見られないような仕事がしたいのである。

 

と、いうよりも、前職の時もみんなに、

いつまでそんな仕事をやっているのかとか言われるのが辛かった

かといって、仕事の内部では、わたしは、

すべて自己流とか(流石にベテランになってからはそれは言われなくなったけど)変わっているとか言われて、仕事は早くてもケアレスミスも多かったから褒められたものではなかった

 

しかしわたしはそこにいたかった

ケースが好きだったからである。

 

それで

やりたいこともないし

できないと悩む

 

要は、ここはお前の居場所ではないと囁くものは

AさんでもBさんでもない。