いっとき避難場所

日々是好日

こどものこと

幼稚園の先生は、息子のことを非常によく考えてくださるので、非常に感謝している。

でも、

私に関しては、人が嫌いだからダメだとか、群れることがないからダメだとか何か言われると悩みこむからダメだとか、

たしかにある意味正しいけど、話すといつも傷つくので苦手である。

 

息子は人が好きである。

わたしも小さい頃は割とそうだった部分もあったと思う。

仲良くしようとはしていた。

それでも、人というものがだんだん嫌いになってきたのであって、そう言う風にならないように育てたいと言う気持ちはあるけれど、

わたしは人が嫌いだからダメだが息子は人が好きだから、あなたとは違うでしょうとか言われるのがいちいち疲れる。

言い返したりはしないけど。

 

わたしの場合は去年かかった病院での出来事がそれなりにあったので、あーたと出会って半分以上の時間は鬱病だっただけなんですよ!。

 

うちの子供はその先生の子供に似ていたらしい。

たぶん知的にかなり高いというのが違うみたいだけど、多動であるところは同じだったらしい。

 

嫌すぎる。嫌すぎるけど、うちの子供についてよく考えてくれていて、いろんな手間を惜しまずにやってくださっていることは間違いないので、嫌だけど、子供たちは先生が大好きだし、わたしもものすごく感謝してはいる。

 

わたしは嫌だけど、そういう風にして助けてもらいながら成長することが大事だということを知っているので、わたしは嫌だけど子供には必要だと思っている。