いっとき避難場所

日々是好日

Holding it in myself

とりあえず自分の中に感情を閉じ込めておくことができなければ

自分というものは体をなさないし

自分が何かということを表現することもできない

 

友達と話していて

この二年間の間、わたしは一体何をしていたのだろうかと虚しくなった

これからは、ひとに関わるとか、やりたいことを見つけて精一杯やるとか、仕事を探すとか、必死にやってみようと思った

それまで必死に頑張って生きていたわたしというものはもはや崩壊してしまって跡形もないのだけれど

ここからやり直す以外に何もないからだ。

 

一体何がわたしをこんな風にしたのかということは

全くわからないままだけれど(いくつかかんがえることはでいるけれど)。

 

ひとまず たぶん 精神科的に問題があるとしたら、たまに非常にくずおれるみたいに死にたくなることがあって

それは、先だっての病院の受診中から酷くなって、通院をやめた直後から半年くらいが最悪で、少しづつ減衰しているけれどまだそこまではよくないということだと思う

 

負けて死ぬか、死なないでとりあえず生きているか

 

誰かがこの状況を助けてくれるのだろうかと考えても、ひとまず自分が頑張るしかない

ただ自分一人でなんとか"まずは死なない"ということを考えたときに、本当に大変である。

だいぶ減ったけど、本当に大変だ。

 

それでも負けないで、人の輪の中に入っていくより、生きる道というのはないのだと思う。

 

でも、できることなら、わたしはまだ死ななくても生きていけるのだということや、

人としてやっていけるということや、

なんとか取り戻せる力が残っているのだということを、信じる根拠がほしい。

力づけて欲しいのである。