いっとき避難場所

日々是好日

年賀状

辞めた会社の同僚から年賀状が届いた

なんかひどい言葉で、ちょっと驚いた。

 

これまで、そういう風に言われるのが当然みたいにして生きてきたのだな。

一番酷位扱いを受けたのは去年働いた病院だろうと思うけど、それまでの会社でも、対人恐怖と離人症が酷かったし、いつも人を避けていた。

…自分がそういうふうに振舞っていたから、そういうふうな扱いを受けてきたんだろうなと思った。

本当は人が嫌いなのではなくて人に嫌われていると思っているのであって、人を馬鹿にしてるんじゃなくてその逆だったのだ。

 

わたしは今年は一通も年賀状を出さなかった。

何を書いても無理になるし、何もいえることもないと思ったからだ。

 

古い友達とかきたものは返した。