いっとき避難場所

日々是好日

気落ちと依存

自分の人生がどうなるのかとか、

もう自分の人生無理なんじゃないかとか

他人に言われたことに依拠しすぎである

 

◯◯のせいでこうなったとか

…それだったらなんなのよ。

 

向いてないから辞めた方がいいとか

これならやったらいいとか

相手が医者だからといってわたしは全部言われたことに追従するのかよ。

 

頭ではずうっとそれが馬鹿げていると、

努力していきたいところに向かえば良いだけだということがわかっているにもかかわらず

すぐに思い出しては落ち込む

わたしなんてきっと人格に問題があるから他人を巻き込んじゃってダメなんだとか

もう元には戻れないとか

 

仕方ないよね落ち込むのは。

それは仕方がないと思うし、巻き込まれたか巻き込んだかはともかくまともじゃない結末になったのは間違いない

 

だが

それでいいのかね。

 

人格障害だろうと解離性障害だろうと

人は振る舞いだ

マザーテレサがどんなに内心で信仰を疑おうとも、やった事柄が正しければマザーテレサ自身は聖人に等しい。

 

兼好法師の言ってることは極端だけどシンプルにあっていると思う