いっとき避難場所

日々是好日

できるようになる

新しい仕事で未経験職種であるので、

毎日習うことばかりだ。

 

できないことができるようになると嬉しいなと思う。

何より、こんなアラフォーになって、完全に未経験者として人からものを教えてもらえるというのはありがたい話だ。

 

仕事の選択として未経験職種を選んだのは、この際良かったかもしれないなと思う。

必ずしも運動性の知能というか、見て真似たりするのが上手な方ではないけれど、努力でできないほどでもないみたいなので、大丈夫みたいだ。

工場なので、作業療法的でもあるし。

 

できたできないというのが形として見えるので、工夫や努力の方向がわかりやすいのもいいかも。

ありがたいことだなと思う。

 

…ただ仕事をしている間に、辞めた仕事のお世話になった人たちと、完全に没交渉になっていることを思い出して落ち込む。

辞め方もめちゃくちゃだったし(なんで辞めたのかもはやはっきりしないが発端は育児で、上の子のことなのだけれど)、かといって世界から自分が消えたわけではないので、辛い。

 もう一回働き出してみると、例えば多少きついことを言われたくらいで、なんで、復職した後の一ヶ月の間はあんなに鬼のように怒りまくっていたのかがわからない。

 やっぱり普通ではなかったのだろうと思う。

 

いま連絡を取れないのは仕方ないと思うし、ぼちぼち、自分の中で折り合いをつけていくしかないのだと思う。

 人間関係から逃げているというよりも、手をつけられない、というか、どうしていいかわからないので、保留。