いっとき避難場所

人間万事塞翁が馬

心の痛み

最近気がついたことがあって

心も痛みのようなものを感じるらしい、ということだ。

とても辛いこと… そうだなたとえば、

 

"あなたがそういう仕事(福祉)をするのは魚屋がピアニストをするようなものだ。やめたほうがいい。同じ服を着て同じことを繰り返すような仕事をしたほうがいい"

"あなたとお母さんの関係が悪かったのは、あなたが大変だったから。"

 

という言葉があったときに

わたしは、多分顔色も変えずにそうですか…って言っていて、その時はなんでもないように通り過ぎるんだけれど、

あとからもやもやとして妥当性がわからない、と言って怒っていた。

今日瞑想していて一連のことを思い出した。

 

そのとき記憶がひどい緊張を伴っていることを感じた

たとえば肉離れでひどく痛いときに周りの筋肉が緊張して硬くなるのだけれど

そういう感じだ

 

心も痛みを感じるのだなと思った

 

…人が死んだり、犬が死んだときに慟哭したことは何度もあるけれど、

傷つくと心が痛いということは、

実は気が付いていなかったのかもしれないと思う。

それでたぶん、なんか変にねじれた感じで反抗的になってしまうのだ。

離人症解離性障害?そういうものなのかもしれないなと思う。

いちいち傷ついてないフリをする。