いっとき避難場所

人間万事塞翁が馬

そとあそび

朝は洋裁をして、午後からまた外に出て、ママ友複数と子供たくさんで遊ぶ。

以前は毎日やってたけど今は少し負担がまだ大きいかな

 

4時間くらいやってたら目がこわばってくるみたいな気がしてきたので、片付けをして撤退してきた。

 

小学校に行かなかったらどうしようというママ友たちの悩みもわからんでもなく

でも大丈夫だなんていえんなあと思う

とくに今はそうだが

 

わたしとかたぶん、病名なんていくつでもつくんだろうと思う

パーソナリティなんとかとか、解離性なんとかとか、発達なんとかとか

 

人は人によって癒されたり社会的に適応が上がったりしていくんだろうけど、

いろんな人に少しずつ迷惑をかけるとかいろんな人に少しずつ助けてもらうとか、いろんな人の一人として助けるとか

それが一番よいときもあるだろう

 

病院しかできないことは投薬とか隔離とか診断書を出すとかそういうことかな

カウンセラーはプロの聞き手だけど、カウンセラーの才能のあるひとは圧倒的にカウンセラーにはならない  

…のだよ。実感としては。

おそらくは精神科医もそうなんだろうな。

 

わたしは、休むことと、地域の人とか、周りにいてくれる人に少しずつ関わらながら生きればいいかなとおもう。

 

ひどい目にあったと思ったら、

自分の心の中で抹殺しておけばいいのである