いっとき避難場所

人間万事塞翁が馬

他人を責めること

わたしは目の前の問題に、自力で立ち向かうことができないから

かわりに直接関係ない他人を責めたりするのである。

現実に立ち向かえないんである。

 

つまり、責めるのがいけないというより、

責めるしかない状態になってる。

弱っているのだ。

 

責める自分を責めたら同じく、問題の解決にならんので、

まず、小さいこと一つでいいからできる問題を解決する。

 

 

要は、解決できる問題こそが

今の自分の力なのだ。