いっとき避難場所

人間万事塞翁が馬

繰り返し語ること

とりあえず  破綻しており動けない

動くことに恐怖があってすくんでいる。

言葉は気力の回復を待ってるし、身体もまあまあ持ち直してきたけど、

 

一番きついところを乗り切れればそのまま働いて死ぬまで乗り切ったかもしれないけど

甘えたというか、止まってしまったというか

疲れてたから。

でも忙しかったし。

 

…一番思い出すのは待合室でぼんやりしてたことだ

カウンセリングでもなんでもない。

 自分が何から逃げていたのかをはっきりさせることができなかっただけだとは思う。

 

ま、鬱になって良かったんじゃなかろうか

それ以外の結論があるだろうか。

 

本格的に動けなくなったことではじめて、

動かなかったし、結果的に休んでるんだと思う。

 

 

このまま死ぬのはやだなあと思う。