いっとき避難場所

人間万事塞翁が馬

軽蔑

ひとを軽蔑してしまう自分を責めても仕方ないのだと思う

 

軽蔑だとか、他人を嫌うとか、そういう気持ちにだって結局は自らにとってのっぴきならないものが含まれている

 

ただ、嫌いだと行動するのではなくて

その気持ちの裏側にあるものを眺めるということが必要なのかもしれないなと思う

 

苦痛であるなら

一つの方法になりうるのだと

わたしは仮定してる。

 

他人を軽蔑することで自他を傷つけるよりも

軽蔑してしまう自分を救うことの方が よっぽど早いのではないかと考える  

 

うまくできるかどうか

 

だが。