いっとき避難場所

人間万事塞翁が馬

普通であることを学ぶ

いままで、排斥されたりいじめられたりする環境で、普通に振る舞うやり方を学ぼうとして生きてきた気がするのだが、

正しくは、自分が平常状態でいることができる環境で、他人の考えていることや自分の考えていることを学ぶことなのかもしれないなと思う。

 

真似ることも大事だが、自分が普通(平常)な状態でいられることのほうが大事だ。

平常な状態というのは、たとえば別荘にいる時みたいに解離してない状態のことだと考えている。

 

そうでないと、相手の反応も、"わたし"に対してのものではなくて、緊張していたり、怒鳴られたりすることに順応した"わたし"に対するものになってしまう。