いっとき避難場所

人間万事塞翁が馬

ありのまま

森田正馬の本の中でありのまま、という言葉が出て来るけれど、

これは天衣無縫であるとか、

あと鈴木大拙の本の中にある"無心"とも同じようなものなんだろうなと思う。

野口晴哉の本にも同じような言葉があった気がするけど

でもだいたいわたしが今必要なものを記憶からピックアップしているだけかもしれないけど

 

ぐるぐる考えていようが、考えないで一心に動こうが、同じ人生である。

 

そういえば、両方とも真宗を引き合いに出されている

親鸞悪人正機説というのはわたしは好きだ

善人なおもて往生をとぐ、いわんや悪人をや

だっけ。

これ教科書にあったのを読んで感動したおぼえがある。

 

ありのままというのはありのままを追求するということではなくてありのままであることを認めるということに近いんだろうと思われる

 

それはそれで良いのだけど

わたしは、この本に出て来る"優等生""出来が良い"とかの言葉が少しばかり気になる

まるで、神経症から離脱するのが早いのがいいみたいな感じに見えるからだ

病気という意味では確かに時間の無駄というか生産性にかかるわけだろうけれど、なんとなく引っかかる

ただ苦しいから早く楽になりたいという患者を楽にしてくださるという意味では治るほうが嬉しいに決まってる

 

引っかかりはするけど、わかっていながらにして動けないでいるような最後の一押しをこの本によって与えられるような気がするのだ