いっとき避難場所

人間万事塞翁が馬

もはや鬱にはならないかも

ここ数ヶ月、何度か疲れて、嫌だなあとかいろいろ考えた

疲れ果てて死にたいと思ったりしたことも少しあった

 

だけど、前みたいに、こんな風になったのはなんでなんだろうとかはあまり考えなかったし、具体的な改善策以外は考えなかった

さらに、具体的な改善策はすぐに浮かんだ

つまり毎日気をつけてやるべきことを頑張ってやるしかないのである。

評価は人のものである。

 

それで、ぐるぐるとへんなループにはまることはなかったし、結局なんとなく、自分はもう鬱にならないんではないかという気もした。

死にたいと思ったのは一回くらいあったけど、それは今の仕事がうまく行かなくて、辞めた仕事のことを思い出したりした時かな…

きっと今のわたしは死にたいと思って本当に死のうと思ったなら躊躇なく行くだろう

だから結局、死にたくもないのだと思う。

 

鬱になる前というのはなんとなく、

自分はもう少しなんとかできるのではないかとかいろいろ考えていたけれど、

今は、今いる場所で頑張るしかないんだろうなと思うので、困った時も迷いがなかった。

 

前よりも強くなったと思う。

だけどそれは、鬱になったからというより、

鬱から自力で脱出してきたからだと思う。

 

最後に二軒目の精神科にかかったけど

あれは、社会復帰のための階段の一つで、鬱そのものからの脱出については頼っていないのだ。

先生がどう診断されたかはともかく、

うつ病ではなくて神経症の治療だった。