いっとき避難場所

建設的ってどういうこと?

世界は牢獄ではない

世の中は苦痛をリュックにたくさん詰め込んで喘ぎながらの道中かと

 

そんなふうに考えていたことに気がついた

いつのまにかそんなふうに思っていたなと思う

 

何時頃からか

弟が死んだ頃からかな

 

いやもともとそういう性分だったのが

弟が死んだりいろいろあったから極まったんだろうと思う

 

ともあれ私は苦痛の鎖に繋がれた牢獄たる世界にいるわけではない

 

 

とにかくそれだけは、間違いない。

 

第一そんな抽象的な牢獄が世の中にあるわけもないから。