いっとき避難場所

遊びをせんとや生まれけむ

老子14

視之不見、名曰夷。聽之不聞、名曰希。搏之不得、名曰微。此三者不可致詰、故混而爲一。其上不皦、其下不昧。繩繩不可名、復歸於無物。是謂無状之状、無物之象。是爲惚恍。迎之不見其首、隨之不見其後。執古之道、以御今之有、能知古始。是謂道紀。

 

中庸、という言葉を思い出したけど

別に中庸は朧げであることではないけど

 

世の中にこのように惚恍の状態にあるものは

ものすごくたくさんあるが

今のことと思えばそれをなかなか捉えられない

直面してるものだから

でも昔のことを思えば

情報が少ないこともあって、それを捉えやすいのかなと思ったりもする

 

なんでもいいけど恍惚というのはこの熟語の逆みたいだが

同じ意味?